アート作品のNFT化・出品支援

デジタル作品だけでなく、フィジカル作品(現物作品)のNFT化も可能です。
当法人がNFT化からマーケットへの出品もワンストップで対応させていただきますので、ブロックチェーンやNFTに詳しくなくても大丈夫。
お気軽にお問い合わせ下さい。

障害者アートの発信を支援

インターネット上のマーケットだけでなく、実際のギャラリーでフィジカル作品(現物作品)と共にNFT作品を販売する展覧会の開催や、障害福祉施設等と連携し当法人の別注商品を販売して参ります。
NFT作品を購入して頂いたお客様には、ソーシャルアクションを見える化し、新しい価値に変えるプラットフォーム「actcoin(アクトコイン)」を付与させて頂きます。

NFTとは?

デジタルアートを変える新技術「NFT」

NFT(Non Fungible Token:非代替性トークン)とは、アートや音楽、映像作品など、唯一無二かつ代替不可能なデジタル資産にブロックチェーン上で所有証明書を記録し、固有の価値を持たせる技術こと。新たな売買市場やビジネスを創出する技術として注目されています。最大の特徴は一時流通時だけでなく、二次流通(リセール)以降も、作家に売上金額の一部を自動的に支払う事が技術的に可能になります。

Ambassador

薄井大地(うすいだいち)
ソーシャルアクションカンパニー株式会社 取締役COO

大学在学時、グラミン銀行グループとのパートナーシップのもと日本の学生・社会人をバングラデシュへ派遣するフィールドワークプログラムを友人らと創始。ソーシャルビジネスコンペティション「SIFE」国内大会優勝、世界大会出場。早稲田学生文化賞・稲魂賞など受賞。不登校生の高校進学・転学を支援する民間教育企業を経て国際協力NGO e-Educationの事務局長に就任(現理事)。松下政経塾入塾。ソーシャルアクションの可視化と価値化をミッションに掲げる「actcoin」事業にCOOとして参画。NPO法人SET・理事兼事務局長、情報経営イノベーション専門職大学・客員教員など。